2016年1月6日水曜日

自らを振り返る

明けましておめでとうございます。年末はガッツリ忙しく、あまり色んなところに顔を出せず祝祭感を共有できてない友人も多いですが、元気にやっております!!!ボチボチ復活してくので遅ればせながら新年の乾杯もお願いします。

という事で新年一発目のブログは去年できなかった自らを振り返るという事で実はこのブログを復活させたのが2014年の9月。「一発目のエントリー」で「日々触れ合った音楽やらパーティやら日常やらを切り取っていけたら」と軽い気持ちで書きましたが実はこのブログ…30000以上のアクセスがありました。ネット社会恐ろしいです。とりあえず振り返りポイントの記事は「」にしてリンクつけてるんで気になったら読んでみてください。

このブログを再開させてもっと多い記事は間違えなく、ROUNDHOUSE、DAWD辺りの話になるのですが、自分の中ではgroundrhythmに去年は2回呼んでもらったこともAIRでDJした中では印象深いです。「2015年一発目にR20のみんなで出演させてもらった時」は本当に井上薫さんのDJにやられました。あの時に薫さんがかけたRELIGHT MY FIREは今まで聴いた中でも一番心に刺さった。美しい瞬間でした。


それとDAWD@OATHでも色んなゲストに来てもらって自分を広げることができたと思う。特に「DAZZLE DRUMS」にはかなり世界観を変えてもらったと思います。

Nagiさんのブログ」もすごく面白くて、いつも読んでます。歌もの歌詞を深く考えるようになったのもNAGIさんの影響だったりします。特にOATHみたいな外人のいっぱいいる場所でははまった時の爆発力ハンパないです。朝も明るい日差しも見えたりする場所なので考え方次第で色んな曲のかけ方ができる訳です。

そんな中でもシカゴハウスの話ってやっぱりアクセス高かったですね。特に「boiler room Chicago」のエントリーは色んな人に見たよ~って言われました。日本人でもHIDETO OMURA君やLULU&GASなんていう若手のトラックメーカーも出て来てるので盛り上がっていけるようにまた色々面白い話してきたいなと思ってます。


そして今年は個人的に自分自身との戦いの一年でもありました。3月の「MR.ROUNDHOUSE発言を皮切りに、6月は「AIRのCHOICE」、そして12月は「OATHでの10HOURS」…今までになく重圧を背負ってパーティやったのも多かったです。でも、そういう経験がDJは全てだなとやってみて思いました。2016年は何しようかなと今もまた思案中です。


いつも遊びに来てくれるみんなやこのブログを呼んで下さるみなさん。そしてDJ仲間やブッキングしてくれる関係者のみなさんに支えてもらってます。今年もブッキングされた限りはバッチリ準備して臨みますのでよろしくお願いします。



まだレコード整理が終わってなくて2015年のままだけど、今年もここからガシガシ生み出していきます。



2016年新年一発目のDJは1月10日祝日前、KOARAの「BLACK SUNDAY」のアニバーサリー。peechboyさんも一緒です。このパーティはブラックネスが強いパーティなんで硬い音を出しつつ黒人グルーブ丸出しを狙ってガシガシ行こうと思ってます。


それと新しいミックスも準備していますので、楽しみにしててください~!!