2015年1月26日月曜日

喜怒哀楽

shower@reloveからはじめちゃんのメモリアルパーティ。そしてStockの送別会で帰ったの明けて月曜の深夜3時。喜怒哀楽が詰まったいい週末であった。



showerのみなさん。4周年おめでとうございます。タジフ君のさすがの空間デザインにRYOSULKEさんの鬼グルーブ。いい刺激をもらいました。





そしてはじめちゃんのメモリアルパーティ。レコードコーナーでのみんなの笑顔がやつの全てを物語ってた。いい形で送り出してあげれました。また飲もうぜ。待っててくれ。






そして大阪へ行くstock。がんばれよ











喜怒哀楽の「怒」は超絶二日酔いの自分。


2015年1月19日月曜日

1月から濃いんだよ。



新年早々、LUKE SOLOMONパイセンのMIXがESSETIAL MIXより流れていました~。普段に増して、変態性が強い内容になってる。シカゴ・アシッド・変態ハウスのファンのみなさんは是非チェックを~。






2015年になって半月が過ぎて個人的にも濃い日々を送っております。




新年早々ミックスを録音して




groundrhythmにてR20CREWが再集結して。本当に美しい一晩であり。






新年早々濃い内容のレコードもいっぱい買って。今後のDJも準備万端。気合い入れて望まなきゃいけない場所ばかりなので気合いいれていきますのでタイミングあったら遊びにいらしてください~。またここで告知します♪










































余談。


本当はシカゴ旅行に行くつもりでいたが無理でした。このフランキーのトリビュートPARTYはどう考えてヤバイでしょ。ゴッドファーザーが生まれて60年。今年はまだスタートしたばかりだけど、微力ながらハウス道に邁進したいです。


2015年1月7日水曜日

THE BEAT JUNKEIS VOL1 by REMI

FACEBOOKやTWITTERでは新年早々アップしていましたが、2015年はビートで勝負ってことで。タイトルを「THE BEAT JUNKIES」ってしました。

DERRICK CARTER&LULE SOLOMONのCLASSICの音源やTodd TerryやDJ Pierre、GREEN VELVETのシカゴテイストな曲を中心に、去年は空前のブート盤が豊作の年だったので、「H.o.t. Records」「Unknown Deetroit」「House Mannequin」と言ったあたりのアナログでしか聴くことができないような音源も盛りだくさんです。


01.The Haag/ Ghost
02.Isolee/Beau Mot Plage (DBOW Remix)
03.CAJMERE feat DAJAE/We can make it
04.Phil Weeks/Social Club
05.Phortune/Can You Feel The Bass?
06.Innerspace Halflife/FODDER
07.MATTHEW STYLES/DOMINION
08.DJ Pierre/THE BEAT
09.Le Borgne/Le Borgne 05 TRACK1
10.Todd Terry/Tonite
11.DJ Pierre/THE HORN SONG(Cajmere ReWork)
12.2 Bitches From Queens/The Dip
13.Point G./D1 Too Va Oo
14.House Mannequin/Quartet
15.Deetroit/Deetroit Conspiracy
16.HERCULES & LOVE AFFAIR/I CAN'T WAIT


それとCD盤わずかだけど準備しています。できるだけ夜遊びしてる時は持ち歩くようにするので声かけてくださいね。FBやTWITTERのメッセージでもacidbaby@me.comに連絡もらえたら確実にゲットできます。




好きな曲をいくつかレビュー。



Matthew Styles-Dominion(Classic Music Company)

2010年代になって見事なまでに復活を遂げて今も、現在進行系の“CLASSIC”な音源をリリースし続けるDerrick Carter&Luke SolomonのCLASSIC MUSIC COMPANYにからリリースされたMatthew Stylesのトライバルトラック。



DJ Pierre aka The Don- The Horn Song (Cajmere Re-work)

Strictly Rhythmからリリースされた90年代を代表するハウスクラシックス。オリジナルも相当かっこいいけど、リズムとホーンとベースだけに絞ったGREEN VELVETのEDT VERSIONを今回はチョイス。



2 Bitches From Queens - The Dip

去年話題になったブート盤レーベルのH,O.T. RECRDSの2番。どうやらRUNNING BACKのGERD JOHNSONが運営してるらしい。全タイトルDJツールとして最高!


Point G.-Too Va Oo(Point G)

どちらかと言えば,DEFECTED等でのキレイなハウスのイメージが強かったDJ GEREGORYがオランダに移住して、突然POINT G.となのり、RAWなHOUSEをアナログオンリーでリリース。こちらもDJツールとして全タイトル外れなし。



年内に後3回くらいアップできたらいいなって思っています。今年は制作もバシバシやりたいんでチェックよろしくお願いします。

2015年1月4日日曜日

日本人もかっこいいんだよ!!!!

2015年最初のブログ更新がいきなり2014年11月の話。

その日はAIRのgroundrhythmの12th Anniversaryに行ってました。

コアでタフな現場を盛り上げてる先輩から同世代、そして後輩まで、一同が飛びっきりの笑顔で飲んだくれてるすごい夜でした。

自分もMODULEでレギュラーを10年やったけど、それよりも全然長い12年っていう期間もさることながら、レジデントが井上薫さん1人で、AIRという大きさの箱でずっとやってきたというの考えると自分からしたら考えられないです。

アニバーサリーだから、無理にアゲアゲっていうのではなく、いつものgroundrhythmの延長線上にあるGOOD MUSIC!GOOD PEOPLE!GOOD VIEBS!な素敵な一晩でした。




groundrhythmに遊びに行って毎度思うんだけど、薫さんのDJってAIRの照明にすごく合うと思います。


という中でgroundrhythmのオーガナイザーのRAMA君と話をしてたのですが、

「REMIさんも是非何かやりませんか?」

とのありがたいお話をいただいので、考えに考えた末に昨年一度解散をしたR20のみんなを招集することにしました。

今回はB2が吉祥寺のRESPONSEクルー、B1が我々R20、そしてnomadをINTEGRATIONクルーが担当して一晩を作り上げますが、かなり内容濃いです。

吉祥寺のRESPONSEクルーは当日の午後から、プロジェクトマッピングのVJを仕込み。そして、ショップもかなりの数を出すみたいで、普段AIRのVIPになってるところも水タバコのブースになったりするそうです。そしてDJはKaoru Inoue (seeds and ground)、DJ HIKARU (BLAST HEAD)、DJ YOGURT (UPSETS)と国内屈指のDJ陣。普段のAIRとはガラリと変わってかなり濃密かつ、アグレッシブなフロアーになると思います。

そして我々R20も早い時間から仕込みをして、VJ+DECOの鉄板セットでB1をガラっと変える予定であります。





今まで数々やばい空間を演出してきたLA-COSMOS&tomochingがどんな風に作りこむのか我々DJ陣もR20らしくドロドロにそしてピースにいい酒場作って盛り上げたいと思います。


最近は外国人のDJのパーティが主流ですが、ここまでの濃密な内容を集めての純国産パーティっていうのもなかなかできることではないので、我々もドギマギしています。最後に一言…

「日本人もかっこいいんだよ!!!!」

是非この言葉を信じて遊びに来て下さい。絶対に楽しませる自信あります。ディスカウント等はacidbaby@me.comにご連絡いただければ、対応いたします。




http://www.air-tokyo.com/schedule/1939.html