2014年11月27日木曜日

DOC MARTIN!年内最後のROUNDHOUSEは西海岸の神様。



正式な発表もあったけど、年内最後のROUNDHOUSEはDoc Martin!!!!!かなりリクエストが多かったDJなので話が決まってとりあえずホっとしています。

http://www.air-tokyo.com/schedule/1918.html

俺の友達ならだいたい知ってると思いますが、彼はアメリカ西海岸が誇るDJでリアルレジェンド。自分は彼のお膝元LAにいたこともあったんだけど、西海岸のハウスシーンでDoc Martinは神様です。

ハードなレコード掘り師としても有名で西海岸のさわやかなハウストラックを中心にヨーロッパのミニマルハウスやオールドスクールなシカゴやアシッドもの。そしてNYのクラシックハウスまで、ハウスという枠の中で縦横無尽にトラックをセレクトし、一晩の美しい物語がダンスフロアで作り出せる。そんな夢のようなDJだと思います。

そんなDoc Martinの最新の音源をいくつかご紹介。


 DOC MARTIN | GANGSTERCAST 44

これは前にもこのブログで紹介したDJ SNEAKのPODCASTのアッパーなMIX。


Doc Martin @ Into the Woods Festival 2013-09-14

DOCのオンラインの音源は色々あるけど、最近ではこれが一番Doc Martinノリかな。今っぽいSE丸出しのテックハウスもバキナキのオールドスクールアシッドハウスもNY系の歌モノも彼ならまとめられる。これが西海岸マジック。



Doc Martin Boiler Room DJ Set

そしてBoiler Roomでのプレイ!HOLIC TRAXのブートラインのLARRY HEARDのEDITや未発売のはずのKENNY HAWKESのJONNY ROCKのEDITとかアンダーグラウンド感が強いセット。最後のI FEEL LOVEのその場でのEDITは悶絶モノ。




でも一番ヤバイのはやっぱり




これだな。さすがにネットで音源ないけど、これを初めて聴いた時は衝撃しかなかったな。しかもDerrick CarterとLuke Solomonのレーベルからっていうね(CLASSIC)廃盤ですが、気になる人は中古探して下さい。

4.5年くらい前なんかはヨーロッパ系の雰囲気が強かったけど、前回のELEVENでの来日なんかではは90'S系のサウンド丸出しでアメリカンな感じにすっかり戻ってました。最近のミックスを聴いてもアメリカンな感じ丸出しだし、久しぶりに聴くDOC MARTINのDJは楽しみでしょうがないです。


12月19日金曜みなさんお待ちしています!ご優待枠等の連絡はacidbaby@me.comにいつでも下さい。

2014年11月25日火曜日

誰なのよ?UNKNOWN DEETROIT

前にHouse Mannequinのエントリーを書いたけど、相変わらずホワイト盤のチェックはマメにしています。


最近絶対に買うのはこれ。


Unknwon deetroit。各レコ屋のレビューにはデトロイトの大物の覆面タイトルみたいに紹介されてるけど、誰なの?誰、誰、誰?

分かっちゃったけど。。。あえてレコ屋の隠してる流れに乗って黙っておく。

全タイトル荒々しくて最高なのだ。





2014年11月24日月曜日

Dazzle Drums - Rise From The Shadows & 12.06(SAT)DAWD@OATH

忙しい日々でブログもさぼっていましたが、そろそろ再開って事で。休んでる間もレコードはガンガン買っています。




写真にも載せたけど、生粋のシカゴ好きの俺がdazzle drumsのアルバム???って思う人もいるかもしれないけど、これすごく楽しみにしていました。

NY系のサウンドを直系としながらも様々なシチュエーションで使える曲がいっぱい。4曲目のfalliing up,5曲目のunibersal rhythmあたりはデトロイト系のDJもガンガン使えると思います(DERRICK MAYあたりが好きそう)個人的には6曲目のALTER EGOや最後を飾るIF WE COULD FLYを仕事の合間のボケ~っとする時のお気に入りに既に登録済み。これから聴きまくります。

これとは別ですが、TONY RECORDSから出てるこれ、

大好きで、ガンガンフロアーで使いたいです。

そんなdazzle drumsのお2人はDAWD@OATHで去年ご一緒したのですが、今年も再びやってきてくれます。

前回は普段優しいNAGIさんやKEIさんからは考えられない極悪dazzle drumsセットをかしてくれて、過去にOATHで色んな人見てきたけど、トップクラスのクオリティで物凄い盛り上がりでした。お2人はOATHっていう場所をちゃんと考えて物凄いセット組んで来るはずなので今からワクワクしています。

12月6日土曜日DAWD@OATH。もちろんチャージはフリーです。みなさんお待ちしています。


2014年11月3日月曜日

Unfinished Business Vol2

2011年に再始動したCLASSICですが、未だに精力的にリリースは続いております。

先日、最近のCLASSICのアイコン的なMIXになってるLUKE SOLOMONの「Unfinished Business」シーズの第2弾がデジタルリリースされました。







気になったのはこの曲達。



Chez Damier - "Bootleg With Love" (Track One)
視聴できるものでいいものがなかったんだけど(涙)このタイトルだけで鳥肌もの。どうやらデリックカーターのリズムネタにパーカションかぶせて、シンセネタも足してという感じでブート100%のトラックみたいです。これアナログカットあるみたいなんで日本のレコ屋で是非入荷して欲しい~!!!!




 Isolée 'Beau Mot Plage' (DBOW Remix)
CLASSIC中期のスマッシュヒット曲の新しいREMIX。これは色んなバージョンでてるけど、オリジナルのネタが良いのでどのミックスも使えるな~と思うけど、今回のバージョンが一番DJユースかもしれません。


 
Seven Davis Jr. 'Friends'
そしてずっと話題のSeven Davis Jr。これを使いこなせるようになったらかなり幅が広がる気がします。まだ現場ではかけてないけど。





そしてルークさんも新しいACIDHOUSEを投下しています。


アナログの入荷を待つか、BEATPORTでアルバム単位で買おうか迷ってるけど、それにしてもいい作品ぞろい。今後もシングルでヤベエのリリースされるみたいだし、ますます注目しております。