2014年10月26日日曜日

シェフィールドの魔力。

シェフィールドの魔力。 イギリスの中でも大工業都市として位置づけされるシェフィールド。この都市からなぜかシカゴ好きの自分の心をちょいちょい揺さぶる職人アーティスト が出てきます。



最近で言えば、テック系だけどLO SHEAとか




自分のDJにおいて本当にただいなる影響残した、SWAGやPPFでおなじみのCHRIS DUCKENFIELDとか。 妙に男心をくすぐるアーティストがいっぱいでてくるんだけど、そんな中で最近また新しい存在がでてきた。 






SHEDLEAF MUSICのTHAT MAN MOKUZ。彼は上記2人と違ってかなりSOULなネタ使いで黒い!!!!って感じだけど、ただのビートダウンやRAW HOUSEとは違って、どことなくファンキーさを残してフロアー仕様のトラックをドロップしているのでとりあえずリリースされてるものを全部買っちゃいました。









  thatmanmonkz - Drug Free (Original Mix)



    mannmademusic - flexing

  Lay-Far - Many-Sided



  マジでツボのネタが多いのでDJミックスないかな~って思って調べてたらやっぱりカッコイイ。 新譜も出たばかりなのでこれから個人的にマストなレーベル一つ増えちゃいました。



2014年10月13日月曜日

Cabaretに痺れました

今週末は3連休。意気揚々と仕事を片付けて、

タカマル家に集合


ダイスケ、Ko Umehara、shake m、ヤスアキという濃いメンツが集まり、美味しいご飯を散々喰った後にみんなでunitへ移動。



そこで感じる。美味しいものをたらふく食べなければcabaretでは本気で遊べないと…


というのは言い過ぎかもしれないけど本当にストイックという言葉がふさわしい他には類を見ないパーティで昼前までガッチリロックされてしまいました。



dawdで一緒にやってるjun kitamuraさんもukスタイルのテクノセットでガッチリ。さすがでした。


そしてダンベル事dbxの10時間セット。こういうのって東京でしか絶対に聴けないから、どんなもんだ?くらいの気持ちだったけど、あっさりフロアーではめられてしまった。重心低めのテクノやハウスをgrooveyに繋いでいく。言葉で言うのは簡単だけど、10時間だからね!前半の引っぱり具合とかやっぱり2時間程度のセットじゃ絶対にできない。過酷だけど気持ちいい。そしてミニマルだけどアメリカンなノリに心も揺さぶられる。

しかもbpmのコントロールもキッチリしてて、休ませないようで休ませてくれる優しいdbx。

朝5時〜6時くらいにかけてswagの1/2 jacksとかデリックカーターの曲とかシカゴ風味も出てきて気づいたら足が痛い(やっぱりもうおじさんなんだな)


これを久しぶりに聴いたけど気持ち良かったな〜

そして昼に向かってデトロイトっぽいメロディラインやハウス直系の気持ちいいところをおしげもなく出してきて、この頃には緊張感も体の感じもよくわからない状態のぶっ壊れてる人でいっぱいに。


久しぶりにすごい刺激をもらった気がする。masdaさんにカブさんを始め関係者のみなさんのお疲れさまでした。

ROUNDHOUSEも負けね〜!!!!!!がんばろ〜〜〜!!!!!!!


2014年10月9日木曜日

BASIC OF BASIC HOUSE MUSIC

Luke Solomonが来日中に激プッシュしてたMAWのHOUSE MASETERSがリリースされましたね。




収録されてる曲アナログで持ってるのでCD買うの躊躇したけど、でもこの内容で3000円くらいで集まるっていうのは嬉しいので買いました。

触りだけ聴くとオシャレなPIANOもののハウスも多いけど、BASIC中のBASICなハウスサウンドがつまってるのでMAW通ってないみなさんは絶対にお得な内容です。


大好きな曲達。


Masters at Work - The Ha Dance (Ken/Lou Mixx)

Chris Cuevas - Hip Hop (Masters At Work Dub)

Nu Yorican Soul - The Nervous Track (Ballsy Mix)







それにしても








これのリリースセットをBOILER ROOMでやってたけど、相変わらずの進化ぶりにビビる。JAY DEEあたりで発狂中。あ~もう一回東京でみたいよ。これは俺の神様へのお願いベスト3に入るくらいのお願い。


2014年10月6日月曜日

長い一週間だった

先週末土曜はleaves@ORIGAMIでDJしてきました。

メインゲストのDELANO SMITHは自分の時間と被ってたので聴けず残念でしたが、お客さんも大盛況で笑顔と乾杯の耐えないいいパーティでした!IORI君、RAMA君はじめ、スタッフのみなさんお疲れ様でした。次回も楽しみだね。


朝方みんな楽しそうだったな。


先週はMODULEのCLOSINGPARTY~leavesという2本立てでシカゴものからDISCO系を使ってFUNKなGROOVEだせたかなって思っています。


こいつらが活躍してくれた。。。

Earlybird Soul System Feat. Pablo Valentino - Superior Fonk

Los Amigos Invisibles & Dimitri From Paris - Glad To Know You

krankbrother 'One Eyed Jack's

Home Taping 18 - Simba



それにしても水曜・金曜・土曜ってハードに飲みすぎたので身体ボロボロです。制作もしたいのでちょっとだけDJは休養期間もらいます。でも遊びには行きまくるので現場であいましょう。

2014年10月3日金曜日

GROOVE地獄の必至のORIGAMIの夜

MODULEのファイナルの余韻も残りまくっててもう週末なんか感じですが、今週土曜日もDJはいってます。

IORI WAKASA主催のLeaves feat.DELANO SMITH@ORIGAMIです。




前回RICK WADE、CMTを招待し、凄まじい盛り上がりをみせたIori Wakasaの主宰パーティー”Leaves”。

とか

デリック・メイがもっとも影響を受けたDJ」と称賛したデトロイト・シーン最後の重鎮DELANO SMITH

とか

前口上的なものは用意されてますが、


そんな文言では表現しきれないくらい面白いパーティなるんじゃないかなって勝手に思ってます(笑)



デトロイトビートダウンっていうイメージあるけど、パっと聴くと今のヨーロッパのりのテックな雰囲気。でもジワジワと出てくる黒いグルーヴ。とにかく職人GROOVE気質。こういうの大好物。



Delano Smith - Midnight Hours
この曲なんてもろヨーロッパ仕様の黒人ハウスって感じしちゃってたまらん。




それにMASDAさんも一緒にやるんだよね。MASDAさんはこの前ご一緒してB2Bもやらしてもらったけど、どんな変化球を投げてもGROOVEで返してくれたのが印象的。

この2人が一緒にやるっていうのは朝型のGROOVE地獄はすごそうですね。MASDAさんは来週CABERT控えてるけど、このパーティはこのパーティで別のモノになりそうなんですごく楽しみです。

もちろん主催のIORI君をはじめ、素晴らしいDJや素晴らしいパーティ人間が揃っています。

私はOLDSHCOOLなシカゴものからDISCOっぽいところまでパーティ仕様のハウスで飲兵衛達の相手しますんでよろしくです。

ディスカウント等希望の方はacidbaby@me.comまでお早めに連絡してね!


2014年10月2日木曜日

MODULEらしい最後の朝

2014年9月30日。約13年にも渡るMODULEの歴史が終了。最後の夜、ダンスフロアーの熱狂と多量のアルコール摂取による発狂でMODULEらしい一晩になりました。

自分は23時よりB2でプレイ。この時間ですでに最後を惜しむお客さんでB1はパンパンだったので、一曲目に針を落とした瞬間にはドドっとB2に人が流れ込んできた。BPMは115。このブースでやるの最後なんだな~って思いながらシンプルにハウスのリズムを叩き込んでました。平日からMODULEに思い入れのあるお客さんがいっぱいいたのものあって、今までのMODULEでやった中で一番いいプレイができたと思います。


最後の点灯


最後の夜の最初の1枚はTLCのハウスEDIT


フライヤー置き場も何も無くなって…





早い時間は寂しいとか名残り惜しい気持ちでいっぱいだったけど…









最後にはMODULEらしい朝が待ってた。







これでMODULEは終わりかもしれないけど、俺自身がここでDJとして経験した10年は永遠に残るものだし、ここで知り合った人はみんな素敵な人ばかり。何事にも終わりはないさ。