2014年12月28日日曜日

俺のスーパーヒーロー達

2014年。20歳過ぎで本気になって15年かけてやっと一緒にDJやれた俺のスーパーヒーロー達と一年で全員一緒にやった。

Mark Farna、Derrick Carter、Luke Solomon、Doc Martin. そしてVJにはDOMMUNEの宇川さん。






ROUNDHOUSE、AIR、関係者のみなさんありがとうございます。ROUNDHOUSEを通して色んな人と出会い。とても激しく幸せな一年でした。

また来年も色々動きあると思います。よろしくお願いします。


REMI

2014年12月19日金曜日

本日ROUNDHOUSEです。

いよいよ年内ROUNDHOUSEも当日。水曜のDoc MartinのDOMMUNEもLAのGROOVE MASTER降臨って感じで現場で凄まじい熱気でした。

DOC MARTINのSOUNDについては前回のエントリーを見てほしいのですが、今日はパーティの話。

最初にROUNDHOUSEの構想を聞いたのがちょうど1年くらい前。PRIMITIVE INCのダイスケとDAWD一緒にやってる原口君と3人でとことん話をするところからスタートしたけど、今やROUNDHOUSE CREWも相当人数増えて、多くの人間でパーティを作っています。ミーティングや飲み会。そしてメール。いくどとなく熱い議論をぶつけあって、たった一晩の夜のために数ヶ月かけてみんなで一生懸命作っています。

だからこそ生まれる熱気すごいですよ。





さて今宵はどうなるか?DOC MARTINのDJは間違えありません。これを見て興味持ったら是非遊びにいらしてね!!!!!

ディスカウントリストの依頼は本日20時までにacidbaby@me.comまで対応できます。





12.19.2014 FRI.
ROUNDHOUSE@AIR
supported by RÉMY:ÜSIC

B2F MAIN FLOOR
DOC MARTIN(Sublevel/from LA)
REMI(DAWD)
NEBU SOKU
STOCK(World Spin/JMC)

VJ
UKAWA NAOHIRO(DOMMUNE)


B1F LOUNGE FLOOR
Wataru Sakuraba
haraguchic(DAWD/FFF)
SINO(DAWD)
Akinori Shimura
OKAYAMA(Oshiga Club)
Hiromi Noguchi

1F NoMad
"祝10周年 フイナム大忘年会"
BAYCREWS DJs
BEAMS DJs
JUN DJs
SHIPS DJs
UNITED ARROWS DJs

2014年11月27日木曜日

DOC MARTIN!年内最後のROUNDHOUSEは西海岸の神様。



正式な発表もあったけど、年内最後のROUNDHOUSEはDoc Martin!!!!!かなりリクエストが多かったDJなので話が決まってとりあえずホっとしています。

http://www.air-tokyo.com/schedule/1918.html

俺の友達ならだいたい知ってると思いますが、彼はアメリカ西海岸が誇るDJでリアルレジェンド。自分は彼のお膝元LAにいたこともあったんだけど、西海岸のハウスシーンでDoc Martinは神様です。

ハードなレコード掘り師としても有名で西海岸のさわやかなハウストラックを中心にヨーロッパのミニマルハウスやオールドスクールなシカゴやアシッドもの。そしてNYのクラシックハウスまで、ハウスという枠の中で縦横無尽にトラックをセレクトし、一晩の美しい物語がダンスフロアで作り出せる。そんな夢のようなDJだと思います。

そんなDoc Martinの最新の音源をいくつかご紹介。


 DOC MARTIN | GANGSTERCAST 44

これは前にもこのブログで紹介したDJ SNEAKのPODCASTのアッパーなMIX。


Doc Martin @ Into the Woods Festival 2013-09-14

DOCのオンラインの音源は色々あるけど、最近ではこれが一番Doc Martinノリかな。今っぽいSE丸出しのテックハウスもバキナキのオールドスクールアシッドハウスもNY系の歌モノも彼ならまとめられる。これが西海岸マジック。



Doc Martin Boiler Room DJ Set

そしてBoiler Roomでのプレイ!HOLIC TRAXのブートラインのLARRY HEARDのEDITや未発売のはずのKENNY HAWKESのJONNY ROCKのEDITとかアンダーグラウンド感が強いセット。最後のI FEEL LOVEのその場でのEDITは悶絶モノ。




でも一番ヤバイのはやっぱり




これだな。さすがにネットで音源ないけど、これを初めて聴いた時は衝撃しかなかったな。しかもDerrick CarterとLuke Solomonのレーベルからっていうね(CLASSIC)廃盤ですが、気になる人は中古探して下さい。

4.5年くらい前なんかはヨーロッパ系の雰囲気が強かったけど、前回のELEVENでの来日なんかではは90'S系のサウンド丸出しでアメリカンな感じにすっかり戻ってました。最近のミックスを聴いてもアメリカンな感じ丸出しだし、久しぶりに聴くDOC MARTINのDJは楽しみでしょうがないです。


12月19日金曜みなさんお待ちしています!ご優待枠等の連絡はacidbaby@me.comにいつでも下さい。

2014年11月25日火曜日

誰なのよ?UNKNOWN DEETROIT

前にHouse Mannequinのエントリーを書いたけど、相変わらずホワイト盤のチェックはマメにしています。


最近絶対に買うのはこれ。


Unknwon deetroit。各レコ屋のレビューにはデトロイトの大物の覆面タイトルみたいに紹介されてるけど、誰なの?誰、誰、誰?

分かっちゃったけど。。。あえてレコ屋の隠してる流れに乗って黙っておく。

全タイトル荒々しくて最高なのだ。





2014年11月24日月曜日

Dazzle Drums - Rise From The Shadows & 12.06(SAT)DAWD@OATH

忙しい日々でブログもさぼっていましたが、そろそろ再開って事で。休んでる間もレコードはガンガン買っています。




写真にも載せたけど、生粋のシカゴ好きの俺がdazzle drumsのアルバム???って思う人もいるかもしれないけど、これすごく楽しみにしていました。

NY系のサウンドを直系としながらも様々なシチュエーションで使える曲がいっぱい。4曲目のfalliing up,5曲目のunibersal rhythmあたりはデトロイト系のDJもガンガン使えると思います(DERRICK MAYあたりが好きそう)個人的には6曲目のALTER EGOや最後を飾るIF WE COULD FLYを仕事の合間のボケ~っとする時のお気に入りに既に登録済み。これから聴きまくります。

これとは別ですが、TONY RECORDSから出てるこれ、

大好きで、ガンガンフロアーで使いたいです。

そんなdazzle drumsのお2人はDAWD@OATHで去年ご一緒したのですが、今年も再びやってきてくれます。

前回は普段優しいNAGIさんやKEIさんからは考えられない極悪dazzle drumsセットをかしてくれて、過去にOATHで色んな人見てきたけど、トップクラスのクオリティで物凄い盛り上がりでした。お2人はOATHっていう場所をちゃんと考えて物凄いセット組んで来るはずなので今からワクワクしています。

12月6日土曜日DAWD@OATH。もちろんチャージはフリーです。みなさんお待ちしています。


2014年11月3日月曜日

Unfinished Business Vol2

2011年に再始動したCLASSICですが、未だに精力的にリリースは続いております。

先日、最近のCLASSICのアイコン的なMIXになってるLUKE SOLOMONの「Unfinished Business」シーズの第2弾がデジタルリリースされました。







気になったのはこの曲達。



Chez Damier - "Bootleg With Love" (Track One)
視聴できるものでいいものがなかったんだけど(涙)このタイトルだけで鳥肌もの。どうやらデリックカーターのリズムネタにパーカションかぶせて、シンセネタも足してという感じでブート100%のトラックみたいです。これアナログカットあるみたいなんで日本のレコ屋で是非入荷して欲しい~!!!!




 Isolée 'Beau Mot Plage' (DBOW Remix)
CLASSIC中期のスマッシュヒット曲の新しいREMIX。これは色んなバージョンでてるけど、オリジナルのネタが良いのでどのミックスも使えるな~と思うけど、今回のバージョンが一番DJユースかもしれません。


 
Seven Davis Jr. 'Friends'
そしてずっと話題のSeven Davis Jr。これを使いこなせるようになったらかなり幅が広がる気がします。まだ現場ではかけてないけど。





そしてルークさんも新しいACIDHOUSEを投下しています。


アナログの入荷を待つか、BEATPORTでアルバム単位で買おうか迷ってるけど、それにしてもいい作品ぞろい。今後もシングルでヤベエのリリースされるみたいだし、ますます注目しております。

2014年10月26日日曜日

シェフィールドの魔力。

シェフィールドの魔力。 イギリスの中でも大工業都市として位置づけされるシェフィールド。この都市からなぜかシカゴ好きの自分の心をちょいちょい揺さぶる職人アーティスト が出てきます。



最近で言えば、テック系だけどLO SHEAとか




自分のDJにおいて本当にただいなる影響残した、SWAGやPPFでおなじみのCHRIS DUCKENFIELDとか。 妙に男心をくすぐるアーティストがいっぱいでてくるんだけど、そんな中で最近また新しい存在がでてきた。 






SHEDLEAF MUSICのTHAT MAN MOKUZ。彼は上記2人と違ってかなりSOULなネタ使いで黒い!!!!って感じだけど、ただのビートダウンやRAW HOUSEとは違って、どことなくファンキーさを残してフロアー仕様のトラックをドロップしているのでとりあえずリリースされてるものを全部買っちゃいました。









  thatmanmonkz - Drug Free (Original Mix)



    mannmademusic - flexing

  Lay-Far - Many-Sided



  マジでツボのネタが多いのでDJミックスないかな~って思って調べてたらやっぱりカッコイイ。 新譜も出たばかりなのでこれから個人的にマストなレーベル一つ増えちゃいました。



2014年10月13日月曜日

Cabaretに痺れました

今週末は3連休。意気揚々と仕事を片付けて、

タカマル家に集合


ダイスケ、Ko Umehara、shake m、ヤスアキという濃いメンツが集まり、美味しいご飯を散々喰った後にみんなでunitへ移動。



そこで感じる。美味しいものをたらふく食べなければcabaretでは本気で遊べないと…


というのは言い過ぎかもしれないけど本当にストイックという言葉がふさわしい他には類を見ないパーティで昼前までガッチリロックされてしまいました。



dawdで一緒にやってるjun kitamuraさんもukスタイルのテクノセットでガッチリ。さすがでした。


そしてダンベル事dbxの10時間セット。こういうのって東京でしか絶対に聴けないから、どんなもんだ?くらいの気持ちだったけど、あっさりフロアーではめられてしまった。重心低めのテクノやハウスをgrooveyに繋いでいく。言葉で言うのは簡単だけど、10時間だからね!前半の引っぱり具合とかやっぱり2時間程度のセットじゃ絶対にできない。過酷だけど気持ちいい。そしてミニマルだけどアメリカンなノリに心も揺さぶられる。

しかもbpmのコントロールもキッチリしてて、休ませないようで休ませてくれる優しいdbx。

朝5時〜6時くらいにかけてswagの1/2 jacksとかデリックカーターの曲とかシカゴ風味も出てきて気づいたら足が痛い(やっぱりもうおじさんなんだな)


これを久しぶりに聴いたけど気持ち良かったな〜

そして昼に向かってデトロイトっぽいメロディラインやハウス直系の気持ちいいところをおしげもなく出してきて、この頃には緊張感も体の感じもよくわからない状態のぶっ壊れてる人でいっぱいに。


久しぶりにすごい刺激をもらった気がする。masdaさんにカブさんを始め関係者のみなさんのお疲れさまでした。

ROUNDHOUSEも負けね〜!!!!!!がんばろ〜〜〜!!!!!!!


2014年10月9日木曜日

BASIC OF BASIC HOUSE MUSIC

Luke Solomonが来日中に激プッシュしてたMAWのHOUSE MASETERSがリリースされましたね。




収録されてる曲アナログで持ってるのでCD買うの躊躇したけど、でもこの内容で3000円くらいで集まるっていうのは嬉しいので買いました。

触りだけ聴くとオシャレなPIANOもののハウスも多いけど、BASIC中のBASICなハウスサウンドがつまってるのでMAW通ってないみなさんは絶対にお得な内容です。


大好きな曲達。


Masters at Work - The Ha Dance (Ken/Lou Mixx)

Chris Cuevas - Hip Hop (Masters At Work Dub)

Nu Yorican Soul - The Nervous Track (Ballsy Mix)







それにしても








これのリリースセットをBOILER ROOMでやってたけど、相変わらずの進化ぶりにビビる。JAY DEEあたりで発狂中。あ~もう一回東京でみたいよ。これは俺の神様へのお願いベスト3に入るくらいのお願い。


2014年10月6日月曜日

長い一週間だった

先週末土曜はleaves@ORIGAMIでDJしてきました。

メインゲストのDELANO SMITHは自分の時間と被ってたので聴けず残念でしたが、お客さんも大盛況で笑顔と乾杯の耐えないいいパーティでした!IORI君、RAMA君はじめ、スタッフのみなさんお疲れ様でした。次回も楽しみだね。


朝方みんな楽しそうだったな。


先週はMODULEのCLOSINGPARTY~leavesという2本立てでシカゴものからDISCO系を使ってFUNKなGROOVEだせたかなって思っています。


こいつらが活躍してくれた。。。

Earlybird Soul System Feat. Pablo Valentino - Superior Fonk

Los Amigos Invisibles & Dimitri From Paris - Glad To Know You

krankbrother 'One Eyed Jack's

Home Taping 18 - Simba



それにしても水曜・金曜・土曜ってハードに飲みすぎたので身体ボロボロです。制作もしたいのでちょっとだけDJは休養期間もらいます。でも遊びには行きまくるので現場であいましょう。

2014年10月3日金曜日

GROOVE地獄の必至のORIGAMIの夜

MODULEのファイナルの余韻も残りまくっててもう週末なんか感じですが、今週土曜日もDJはいってます。

IORI WAKASA主催のLeaves feat.DELANO SMITH@ORIGAMIです。




前回RICK WADE、CMTを招待し、凄まじい盛り上がりをみせたIori Wakasaの主宰パーティー”Leaves”。

とか

デリック・メイがもっとも影響を受けたDJ」と称賛したデトロイト・シーン最後の重鎮DELANO SMITH

とか

前口上的なものは用意されてますが、


そんな文言では表現しきれないくらい面白いパーティなるんじゃないかなって勝手に思ってます(笑)



デトロイトビートダウンっていうイメージあるけど、パっと聴くと今のヨーロッパのりのテックな雰囲気。でもジワジワと出てくる黒いグルーヴ。とにかく職人GROOVE気質。こういうの大好物。



Delano Smith - Midnight Hours
この曲なんてもろヨーロッパ仕様の黒人ハウスって感じしちゃってたまらん。




それにMASDAさんも一緒にやるんだよね。MASDAさんはこの前ご一緒してB2Bもやらしてもらったけど、どんな変化球を投げてもGROOVEで返してくれたのが印象的。

この2人が一緒にやるっていうのは朝型のGROOVE地獄はすごそうですね。MASDAさんは来週CABERT控えてるけど、このパーティはこのパーティで別のモノになりそうなんですごく楽しみです。

もちろん主催のIORI君をはじめ、素晴らしいDJや素晴らしいパーティ人間が揃っています。

私はOLDSHCOOLなシカゴものからDISCOっぽいところまでパーティ仕様のハウスで飲兵衛達の相手しますんでよろしくです。

ディスカウント等希望の方はacidbaby@me.comまでお早めに連絡してね!


2014年10月2日木曜日

MODULEらしい最後の朝

2014年9月30日。約13年にも渡るMODULEの歴史が終了。最後の夜、ダンスフロアーの熱狂と多量のアルコール摂取による発狂でMODULEらしい一晩になりました。

自分は23時よりB2でプレイ。この時間ですでに最後を惜しむお客さんでB1はパンパンだったので、一曲目に針を落とした瞬間にはドドっとB2に人が流れ込んできた。BPMは115。このブースでやるの最後なんだな~って思いながらシンプルにハウスのリズムを叩き込んでました。平日からMODULEに思い入れのあるお客さんがいっぱいいたのものあって、今までのMODULEでやった中で一番いいプレイができたと思います。


最後の点灯


最後の夜の最初の1枚はTLCのハウスEDIT


フライヤー置き場も何も無くなって…





早い時間は寂しいとか名残り惜しい気持ちでいっぱいだったけど…









最後にはMODULEらしい朝が待ってた。







これでMODULEは終わりかもしれないけど、俺自身がここでDJとして経験した10年は永遠に残るものだし、ここで知り合った人はみんな素敵な人ばかり。何事にも終わりはないさ。






2014年9月30日火曜日

House Mannequin

ベルリン発House Mannequin相当はまってます。




このブート丸出しのホワイト盤もいいのだけど、内容がこれまた…

DJツール度★★★★★
粗さ感       ★★★★★
水商売感   ★★★★★

大好物。

1番と2番も何とかして手にいれたい。



2014年9月27日土曜日

俺たちの10年の歴史


10年間パーティを続けて思い出がいっぱいのmodule。9月30日のclosing partyはあえていつも通りのHOUSE MUSICで地下を揺らそう!!!!!

http://module-tokyo.com/schedule/2014/9/30/1330/detail.html



2014年9月25日木曜日

DOC MARTIN | GANGSTERCAST 44

DJ SNEAKのI'm a HOUSE GANGSTERのポッドキャストより。SNEAKのところから後悔してるミックスだから少しかための選曲してるのかもしれないけど、LAスタイルって感じでネットを通して聞いてもあがっちゃう!!!

ROUNDHOUSEでやってくれないかな~ってずっと願っております。
 



今年頭にSNEAKとDOCでB2Bやってたみたいだけど、すげ~2SHOT!!!!


こんな風格欲しいわ。

2014年9月24日水曜日

日々を切り取る事を再開

マチュ君を始め、色んなクラブ系ブロガーの人のブログを眺めるのがたまらなく楽しくてTWITTERやFACEBOOKとはまた違うアプローチで色々残せそうなのでもはやこのネット社会ではオールドスクールなブログにまた色々書き残そうと思っています。

前は結構情報量多めで大変だったのでどちらかと言えば日々触れ合った音楽やらパーティやら日常やらを切り取っていけたらなくらいの軽い気持ちで考えています。


DJ REMIの最近の活動としてはPRIMITIVE INC.のパーティであるROUNDHOUSE@AIRにレギュラーで参加しています。


第1回はMark Farina



第2回はDerrick Carter



第3回はLule Solomon



Who's next?ってことでこのブログ読んでもらってパーティも楽しんでいけたらいいなって思います♪次回のROUNDHOUSEは12月を予定しています。



1年くらい頻繁に更新して自分がどんな日常で音楽に触れ合ってきたか見返せたらいいなって思います。